雄山・御山谷滑降(北ア)

date 2010/5/2 快晴のち晴
コース みくりが池温泉〜一ノ越〜雄山〜一ノ越〜御山谷滑降〜黒部湖左岸道〜黒部ダム
実働 登り:2h20m、下り:3h15m、計:5h35m。
概要 室堂泊最終日、一ノ越から往復後、黒部湖へ。
メンバー すうじい(単独)
行程 →:ツボ足、**:アイゼン、:シール、:スキー滑降、=:車・交通機関
【5月2日】 快晴のち晴
みくりが池温泉7:258:15 2550M 8:309:10一ノ越10:10**11:00雄山11:25**11:55一ノ越12:4013:00 2340M大岩13:1013:50 1470Mスノーブリッジ14:45→左岸林道跡15:15→15:50ロッジ黒四15:55→黒部ダム16:35=16:50扇沢17:25=18:10安曇野YH(泊)
使用装備 登山靴、アイゼン、ピッケル、兼用靴、スキー、ストック、クトー、GPS、μ725SW、E-1、ED12-60mmF2.8-4、テルモス
不用装備
記録  アルペンルートは、交通費がメチャ高い。室堂から黒部湖までの下りの交通費を節約するために、当然ながらスキー滑降する。タンボ平のコースを、重荷を担いで滑降する自信は無いので、22年前同様、御山谷を選択する。

【5月2日】 快晴のち晴
 今日は、下山する日である。3泊したみくりが池温泉をあとにし、シールで一ノ越を目指す。全ての荷を担いでの登りは、さすがにシンドイ。2550M付近の少し傾斜が緩む辺りで、小休する。さらに登って、一ノ越山荘に至れば、スキーヤーが沢山休んでいる。

 ここで兼用靴を脱ぎ、登山靴にアイゼンを装着する。一ノ越山荘前に、スキー道具一式をデポしておこう。ピッケルを手に、雄山登りに取り付く。50分ほどで、雄山山頂に至る。大汝山まで往復する気力・体力・時間の余裕は、今回も無かった。

 下りは、30分で一ノ越山荘に戻る。再び兼用靴に履き替えて、スキーに乗る。広々とした御山谷に滑り込む。右手に、龍王岳の岩峰を見上げ、左手には東一ノ越を見遣りながら、転倒せぬよう、ゆっくりと下って行く。

 途中、登り返して来た年配の男女ペアに、御山谷を下ったパーティがいるか尋ねると、「昨日、ブロックにやられて、死者が出たけど、今日も何パーティかは下ってったよ」とのこと。昨日「立山で雪崩」という情報があったが、御山谷でのことだったのね。ブロック雪崩は、左岸から出たらしいので、ひたすら右岸を下ることにしよう。

 一ノ越から350Mほど下った2340M大岩は、広い谷の真ん中にあり、良い目標になる。スキーを外して、小休する。東一ノ越へのルートは、雪が殆ど付いておらず、不快そうだ。逆光に聳える鬼岳・獅子岳が、迫力を増す。

 2300M-2000M付近は、少し傾斜が増す。2000Mからは、広くて緩い谷になる。ひたすら右岸沿いに下る。1800M-1700M付近は、左岸側の傾斜が強く、ブロック雪崩の跡もあり、シュプールも右岸高めをトラバースしている。一ノ越から実働1時間、1470M付近で、スキーを外していた先行男女ペアに追い付いた。

 ここから先は、右岸沿いには進めず、スノーブリッジを渡って、左岸に移る。22年前に板を外したのと、ほぼ同じ地点と思われる。先発する男女ペアを見送り、大休止する。オニギリ弁当を食し、スキー板と兼用靴をザックに固定する。

 十分に腹を満たし、水分を補給して、ツボ足開始。スノーブリッジを渡り、雪原を歩いて行くと、黒部湖の一角である、御山谷出合のバックウォーターに出る。左岸沿いを進むと、次第にややこしいコースとなる。ガレのトラバースや、斜面の上り下りを経て、左岸林道跡に乗る。この先も、油断は出来ず、ロッジ黒四手前のタンボ沢に下る雪壁が、一番の難所であった。

 ロッジ黒四を過ぎると、遊歩道は舗装され、家族連れと擦れ違ったりする。かんぱ谷橋まで来ると、純粋な観光客もいて、間もなくトンネルに入る。黒部ダムの上を歩き、バス停へと向かうと、丁度発車する所であった。大慌てで、超満員のトロリーバスに乗り込む。

 扇沢駐車場の車に戻って、荷物を片付け、今宵の宿へ向かう。明日は、有明山だ。

アルバム

表題をクリックすると、各ブログにジャンプします
戻るときは、ブラウザの「戻る」で戻って来て下さいねm(_o_)m

その1:
GPS軌跡
その2:
室堂から一ノ越へ
2550Mから雄山 2550Mから奥大日岳 一ノ越から奥大日岳 一ノ越から龍王岳 一ノ越山荘
その3:
一ノ越からの展望
唐沢岳・餓鬼岳 不動・南沢と燕岳 野口五郎と大天井 水晶岳・赤牛岳 雄山方面
その4:
雄山へ登る
雄山への登り 室堂・奥大日岳 雄山山頂の峰本社 社務所方面 大汝山・剱岳
その5:
雄山からの展望1
大汝山 別山越しの剱岳 別山尾根と毛勝三山 奥大日岳・大日岳 後立山
その6:
雄山からの展望2
五竜岳 鹿島槍ヶ岳 爺ヶ岳 蓮華岳・針ノ木岳 唐沢・餓鬼・剣ズリ
その7:
一ノ越から御山谷カール
一ノ越から御山谷 一ノ越を振り返る 龍王岳方面 御山谷俯瞰 南側の岩峰
その8:
2340M大岩
大岩から見上げる 獅子岳方面 龍王岳・鬼岳 鬼岳南東の岩稜 大岩から俯瞰
その9:
御山谷中流〜下流
1850M付近 1850M付近 1750M付近 1650M付近 1650M付近
その10:
1470Mスノーブリッジ〜黒部ダム
1470Mスノーブリッジ 黒部湖の一角 左岸林道跡 最後の難所 黒部ダム

MR644_ 真砂岳大走り1550M敗退(北ア)'10-04

MR645_ 奥大日岳(北ア)'10-05

MR647_ 黒川表参道から有明山(北ア前衛)'10-05

の表紙へ
本館トップページへ