横尾谷左俣・北穂高岳(北ア)

MR446 横尾谷左俣・北穂高岳(北ア)

date 2002/7/26 快晴のち曇
コース 上高地〜横尾〜本谷橋〜本谷左岸巻道〜涸沢出合〜横尾谷左俣〜左俣カール〜A沢ノコル〜北穂高岳〜南稜〜涸沢カール
実働 10h。
概要 上高地から、横尾谷左俣・北穂高岳経由で、涸沢入山。右岸から落下する北穂池ノ滝
メンバー すうじい(単独)
行程 →:山道、:溯行、\\:藪漕ぎ
【7月26日】 快晴のち曇
上高地6:15→6:55明神館7:15→8:50横尾山荘9:15→10:10本谷橋10:15\\涸沢出合10:55
11:35二俣12:0013:00北穂池ノ滝下13:1013:50左俣カール尻14:0515:00A沢ノコル
15:05→15:35休15:40→15:55休16:05→16:35北穂高岳16:45→18:15涸沢(泊)
記録  夏の穂高涸沢定着で、ボランティア活動に参加することになり、ついでに入山・定着中・下山の3山行を企画した。横尾谷左俣から北穂高岳経由での入山、涸沢基点で前穂高岳北尾根から奥穂高岳、奥又白池からA沢経由で明神岳縦走して下山、という欲張りなものである。幸い、毎日のように好天が続き、全ての山行を成功裡に終えることが出来た。真っ黒けに日焼けするという、オマケまで付いたが。

【7月26日】 快晴のち曇
 さわやか信州号集合場所の、新宿西口都議会大型駐車場は、暑くて排気ガスの臭いが不快である。直通バスは、安くて、乗り継ぎの面倒が無くて良いが、あまり眠れないのが難点だ。沢渡で低公害車に乗り換え、6時頃上高地着。

 軽く40分程歩いて、明神館で足の点検。革登山靴が当たって、靴摺れしそうな箇所にパッチを当てる。昨年の剱北方稜線の時には、酷い靴摺れになったので、念入りにチェックする。最終日に縦走予定の、明神岳を見上げながら、横尾を目指す。横尾山荘で水を補給し、本谷橋へ向かう。標準的なペースで本谷橋まで至り、予定通り横尾谷左俣に入ることにする。

 本谷橋を渡らず、本谷左岸のゴーロを少し行くと、ブロック(雪)が現れ、踏跡が左岸に登って行くので、これを辿る。踏跡は、次第に夏草に覆われ、歩きにくくなるので、川原に戻ろうとするも、水量が結構多いので、川原通しは無理のようだ。諦めて、頭を没する程の夏草をかき分けて、歩きにくい踏跡を辿る。固定ロープも張ってあったりするので、最近通ったパーティがあるようだ。

 涸沢出合近くまで来ると、右岸側に壊れ掛けた雪渓が広範囲に残っており、左岸側も雪渓が消えたばかりで、泥を被った不安定なゴーロとなっている。この不安定なゴーロに降り立ち、涸沢を見送って、そのまま左岸沿いに進む。二俣までは、水量も多く、左岸を登って行く。

 二俣では、右俣の4m階段状滝の下で、水流を渡る。左俣左岸の大岩上で、日除けのため傘をさして休憩。この少し上流で、ゴーロ滝状になっているが、それを越えるとすぐに左俣雪渓が続く。右岸は断崖状で、雪渓上にも落石が多く転がっているので、なるべく左岸寄りに歩く。傾斜は緩いので、ステッキと拾った木の枝で、ダブルストックにして歩けば、さほど難儀しない。

 二俣から一時間ほどで、右岸の北穂池付近から落下する、結構な落差と水量の滝「北穂池ノ滝」に至る。意外と見事な滝なので、デジカメしか持ってこなかったのが残念だ。このすぐ上部で、雪渓は二分し、右の本流に入る。少し傾斜が急になるが、キックステップでこなして行くと、雪渓が消え、カール尻下の小滝が現れる。左岸の草付から巻いて越える。

 滝上に出ると、景色が一変する。これが左俣カールだ。正面に大キレット、右手に南岳、左手に北穂と、ぐるっと囲まれたカールの風景。目の前には、カール底の雪渓が大きく残っている。左俣では安全地帯が無かったので、とにかくここで休憩を入れる。振り返れば、北穂池の台地越しに、屏風ノ頭と耳が見える。

 A沢ノコル目指して、雪渓を登って行く。高度を上げるに連れ、ガレ・ザクが不安定になるので、なるべく雪渓上を歩くが、次第に傾斜が急になる。ダブルストックとキックステップで、油断が出来ない。体力的に大分バテているので、バランスが悪い。ゆっくり、ゆっくり、高度を稼ぐ。雪渓が切れ、僅かなザク登りで、A沢ノコル近くの草付岩場に到達する。

 午後3時になるからか、キレットには、もう誰も歩いていないようで、ちょっと寂しい。縦走路に出ても、フラフラに疲労しているので、脚が思うように上がらない。喰いバテかもしれん、と思い、カロリーメイト等頬張ってみる。「安全第一、慎重慎重」と呟きながら、とにかく集中力を切らさないようにし、飛騨泣きを越え、やっとの事で、北穂岳山頂にまで至る。

 あとは南稜を下るだけ、と思うと、随分と気が楽になる。余裕が出て、涸沢カールを囲む山々に目を向ける。1時間半かけて、18:15無事涸沢まで下降する。5年ぶりの涸沢定着である。 

アルバム(ブログ)
その1:上高地〜本谷橋
その2:涸沢出合〜北穂池ノ滝
その3:左俣カール〜北穂高岳

MR447_ 前穂高岳北尾根・奥穂高岳(北ア)'02-07

MR448_ 奥又白池・A沢・明神岳(北ア)'02-07

MR516_ 梓川横尾谷右俣下降・左俣・北穂池(北ア)'04-07

渓流の部屋
の表紙へ
本館トップページへ