奥又白池・A沢・明神岳(北ア)

MR448 奥又白池・A沢・明神岳(北ア)

date 2002/7/31 快晴
コース 涸沢〜X・Yノコル〜奥又白池〜踏替点〜A沢〜A沢下降点〜奥明神沢ノコル〜明神岳〜明神X峰〜上高地
実働 10h05m。
概要 涸沢定着最終日、X・Yノコルから奥又白池、A沢踏替点直下雪渓、A沢雪渓、明神U峰悪いトラバース。
メンバー すうじい(単独)
行程 →:山道、:溯行、\\:藪漕ぎ
【7月31日】 快晴
涸沢4:30→5:00休5:05→5:55X・Yノコル6:05→7:35奥又白池7:55→9:15踏替点9:20→
10:10A沢下降点10:20→奥明神沢ノコル10:45→11:10明神岳11:55→13:30X峰13:45→
15:10休15:25→登山道15:50→16:30上高地
記録  涸沢定着の最終日、前穂北尾根X・Yノコルを越え、奥又白池からA沢を登って、かねてより気になっていた、明神岳をX峰まで縦走して、上高地へ下山した。

【7月31日】 快晴
 涸沢カールからX・Yノコルへ登るが、朝焼けの涸沢岳、奥穂高岳が美しい。コルから奥又白雪渓への下降で、コル直下のボロボロ岩場のトラバースが、いきなり悪い。ロープを固定するハーケンが、抜けている。10年前の時より、格段に悪くなっている。

 お花畑から小尾根を辿り、簡単な岩場をクライムダウンし、右手の「目標のルンゼ」へと下降する。ルンゼの雪渓の左岸沿いのガレを下降し、雪渓の下端から右岸へ乗る。さらに踏跡を辿ると、奥又白雪渓が豊富に残る。この雪渓のトラバースは、高度を変えないように横断するのがコツ。雪渓上で見上げれば、前穂東面の岩壁が迫力だ。対岸の踏跡を登れば、続く灌木帯を効率良くトラバース出来る。

 踏跡を忠実に辿り、ガレ場を横切り、草付のトラバースに入れば、やがて中畠新道への分岐二ヶ所を見る。更に、ひと登りで、山上の別天地、奥又白池の畔に飛び出す。長閑な池畔で一息入れよう。A沢を見上げれば、雪渓がびっしり付いていて、ちょっと不安になる。

 水場を左手に見送り、右手の尾根沿いに登って行く。不安定なガレ登りとなり、やがて踏替点直下のルンゼに入り、雪渓のシュルント沿いの左岸のV級程度の岩壁を登攀して、踏替点に至る。踏替点からは、ザレを辿り、雪渓の右岸の岩場を登って行く。今回は、雪渓上には乗らず、右岸の岩壁を辿ることにする。ルートを良く探せば、T〜U級(所によりV級程度)で、さほどの危険もなく登って行ける。雪渓が切れると、僅かなガレ登りで、A沢下降点に至る。

 ここまで来れば、明神岳T峰・U峰が見える。小休して、奥明神沢ノコルへ向かうべく、前穂から続く稜線へトラバースする。丁度10年前に、A沢を登って、前穂経由で岳沢へ下山したことがあるので、今回は前穂を省略する。やや不安定な岩々を踏みながら、奥明神沢ノコルまで下降する。

 冬用の固定ロープが残置されている、明神前衛峰の岩場に取り付く。岩は比較的しっかりしており、快適に登れる。明神岳とのコルは、東側が白っぽい色の岩の崩壊が進み、危険なため、岳沢側寄りを歩く。そのまま岳沢側寄りのガレを踏んで、明神岳山頂直下まで登り、さらに岩々をよじ登って、念願の明神岳山頂に至る。

 展望は最高である。日除けのため、傘をさして休憩する。前穂・奥穂・西穂の稜線の眺めが素晴らしい。また、眼下に見下ろす東稜には、踏跡が続く。西穂の稜線付近から、パコッ、ガラガラガラ・・・、という音が、何度か聞こえる。U峰の姿は、どこからどう攻略するのか、固定ロープが張り巡らされた岩峰である。T・Uノコルへは、不安定なガレを踏んで、慎重に下る。

 予定通り、コルから岳沢側へ、急なルンゼを下降し、U峰の基部をトラバースする事にする。不安定なルンゼの左岸沿いを下降して行くと、とんでもない所に、ミヤマオダマキの青紫色の花が揺れる。そう言えば、北鎌尾根でも、こんな感じのとんでもない岩場に、咲いていたっけなあ。

 バンドを探しながら、下って行くと、何とか辿れそうなバンドがある。しかし、やや登り気味のそのバンドは、下が切れている上に、いかにも脆そうな岩屑のリッジを横切っている。マジかよ。しかし、他に良さそうなルートは見当たらない。やむなく、行ける所まで行ってみることにする。ここで落ちたら、まず助かりそうもない。慎重に三点支持で、トラバース開始。問題の脆い岩屑リッジでは、乗る岩、持つ岩、全てが浮いているので、ショックを与えないよう、「そーっと、そーっと」と呟きながら、上から押さえる感じで体重を分散させる。

 何とか無事に岩屑のリッジを越え、バンドからハイマツの緩傾斜帯に入る。うーっ、助かったぜ。薄い踏跡を辿って、トラバースを続け、幾つかの小尾根を越えて、U・Vノコルに至る。更に、V峰岳沢側トラバースの踏跡を辿る。U峰・V峰の岳沢側トラバースの踏跡は薄く、見失い易いので、ルートファインディングには慎重を要する。

 W峰は、稜線通しの歩き易い踏跡を行く。最後のX峰への登りは、始め尾根上を登り、後半ガレ登りとなり、最後は右上方へと岩場を登って西側の小尾根に乗る。X峰山頂で、また日除けの傘をさし、最後のピークを味わおう。しばし休んだら、西側の小尾根の踏跡を辿る。途中、適当な所から、ハイマツの中の薄い踏跡を利用して、左へトラバースし、カール状地形の右側の尾根状を目指して下る。

 ここからは、冬山・春山の踏跡を辿って下るわけである。ブッシュ帯に入ると、途中、尾根がハッキリしない箇所もあるが、固定ロープや赤布等を参考にして、踏まれている所を下って行けば良い。何箇所かある痩せ尾根の露岩帯では、固定ロープの残置された所を、慎重に下る。ヘリの飛ぶ音が、しつこく聞こえている。荷揚げのヘリではなさそうで、遭難救助かも。明神岳山頂で聞いた、落石の音と関係あるかも知れない。蜿蜒下って行くと、やがて通常の樹林帯となり、ホントにイヤになる頃、やっと登山道に出た。岳沢から上高地への登山道で、プレート7番の所である。

 登山道に出てから、40分程の歩きで、上高地バスターミナルへ至る。河童橋付近で見上げる明神岳方面も、今日はまた格別の味わいがあった。

MR446_ 横尾谷左俣・北穂高岳(北ア)'02-07

MR447_ 前穂高岳北尾根・奥穂高岳(北ア)'02-07

アルバム(ブログ)
その1:涸沢〜奥又白池
その2:A沢〜明神前衛峰
その3:明神岳〜X峰南西尾根下降

の表紙へ
本館トップページへ