会津駒ヶ岳・大戸沢岳南尾根滑降(駒-朝日)

date 2001/4/29 晴のち曇
コース 滝沢橋駒登山口〜会津駒ヶ岳〜大戸沢岳〜南尾根〜滝沢橋駒登山口
実働 5h05m
メンバー すうじい(単独)
概要 檜枝岐の民宿泊、駒から大戸沢岳南尾根を滑降。尾瀬・奥利根・会越の山々の展望。
行程 →:ツボ足、:シール、**:アイゼン、:スキー、\\:藪漕ぎ、=:乗物

【4月29日】 晴のち曇
檜枝岐民宿=滝沢橋駒登山口6:30→7:00林道終点登山口階段7:05→7:35ヘリポート8:059:20 1710M付近9:3510:25会津駒ヶ岳10:4511:15大戸沢岳12:001524.1三角点12:4013:00 1270M付近13:20\\杉林13:40\\→13:50滝沢橋駒登山口=檜枝岐民宿
略記録 【4月29日】 晴のち曇
6:30滝沢橋トイレ横に車を置いて出発。橋から先は、未除雪。雪の残り方は平年並みか。

7:00林道終点登山口階段付近は、全く雪なし。7:05同発。20分程歩くと、夏道が隠れる。

7:35ヘリポート着。朝食を摂り、シールを貼る。8:05同発。ここからは、シールで登る。

9:20、1710M付近で小休。9:35同発。1800M付近まで登ると、奥白根・燧の眺め良い。

10:25会津駒ヶ岳山頂着。燧ヶ岳・至仏山・平ヶ岳・越後駒・会越の山々・丸山岳・三ツ岩岳など展望は欲しいままだ。10:45同発。シールを着けたまま、踵解放のまま、テレマーク滑降する。

2098独標の北側を巻き、夏は湿原と思しき雪原を進む。三ツ岩岳からの単独の登山者二人と擦れ違う。

11:15大戸沢岳山頂着。既に、奥白根山は雲に隠れ、天候は下り坂だ。大休止し、昼食を摂る。シールを外し、踵を固定する。12:00同発。

いよいよ、大滑降の始まりだ。南尾根の2030M肩から先は、痩せて雪庇が狭く、滑りにくそうだ。雪庇下の東側斜面は、急ではあるが、雪はビシャビシャのザラメで、トラバースのシュプールが一本見える。快適さと時間短縮の誘惑に負け、急な大斜面に飛び込む。あっという間に1920M付近の尾根上に乗る。快適そうな北東尾根も望まれる。その後はしばらく、ほぼ雪庇上を滑降する。

1738独標を過ぎると、1650M付近は尾根がはっきりせず、要注意だ。

12:40、1524.1三角点着。ずいぶん下った。ここからは東側へ顕著な尾根が出ており、正解の南南東側へは、慎重にルートを探す。ブッシュが多くなる中、いじこく滑る。

13:00、1270M付近で、雪が途切れる。諦めてスキーを外し、ザックに固定。13:20同発。
少し、尾根筋の雪上を下り、左側の谷へ下降する。落ち葉の積もった急斜面を、薮漕ぎして、ズリズリ下る。やっと谷底に至ると、歩き易くなる。

13:40杉林に入り、13:50滝沢橋トイレ横の車に戻る。

アルバムブログ

MR565_ 大戸沢岳南尾根から会津駒ヶ岳滑降(駒-朝日)'06-05

の表紙へ
本館トップページへ