北穂高岳(北ア)

date 2012/07/29 晴一時ガス
コース 涸沢〜南稜〜北穂高岳北峰〜南稜〜涸沢
実働 3h55m。
概要 山頂近くでは、ガスに包まれ展望無し。
メンバー すうじい、Ar君
行程 →:山道・踏跡、:溯行、\\:藪・踏跡不明瞭、=:車
【7月29日】 晴一時ガス
涸沢6:30→7:50梯子上8:00→8:55北穂高岳北峰9:15→梯子上10:00→10:35ゴルジュ下10:45→11:05涸沢
使用装備 軽登山靴、ストック、μ-725SW、E-P2、ED14-150mmF4-5.6、GPS
不用装備 ED9-18mmF4-5.6、LEDヘッドランプ
記録
 涸沢定着三日目、トレーニング目的で北穂往復。

【7月29日】 晴一時ガス
 三日目の朝、天気も良さそうなので、Ar君と北穂高岳を往復することにした。もちろん、衰えた脚力の強化目的である。涸沢小屋横を通り、北穂沢右岸のお花畑を登って行く。結構登山者が多く、鎖場では、大渋滞となっていた。

 鎖場・梯子を越え、調子よく登って行くうち、南稜のテント場付近からガスが出て来て、山頂近くでは、全く展望が利かなくなった。展望が無いのは寂しい限りだし、寒くてたまらない。長居は無用と、水だけ飲んで、早々と下山開始する。

 下りは速い。ホイホイ下ってゆくうち、次第にガスも晴れて来る。鎖場・梯子では、先行して下降する単独男性以外には、誰もいない。擦れ違いの渋滞が無かったのは、ラッキーだった。

 ゴルジュ右岸の草付を下降し、大岩の上で休憩する。ゴルジュの滝を、望遠ズームで撮影しよう。最後の雪渓脇を、高校生集団の後に続き、下降する。

 涸沢に戻って振り返れば、北穂方面のガスは結構晴れていた。ちょっと悔しい・・・。

アルバム

表題をクリックすると、各ブログにジャンプします
戻るときは、ブラウザの「戻る」で戻って来て下さいねm(_o_)m

北穂高岳往復
ヒュッテから北穂沢 北峰直下の雪道 ガスの北峰山頂 トラバース 南稜から涸沢俯瞰
南稜から東稜 屏風ノ頭 梯子を下る先行者 慎重に下降するAr君
ゴルジュの滝 ゴルジュの滝 雪渓脇の高校生集団 ヒュッテから北穂沢

MR686_ 涸沢入山'12-07

MR688_ 梓川一ノ俣谷・二ノ俣谷・大天井岳・燕岳'12-08

の表紙へ
本館トップページへ