蝶ヶ岳・常念岳・大天井岳・燕岳・餓鬼岳(北ア)

date 2003/7/24-26 曇、曇のち雨、快晴のち曇
コース 涸沢〜横尾〜蝶ヶ岳〜常念岳〜常念小屋〜大天井岳〜燕山荘〜燕岳〜餓鬼岳〜白沢登山口
実働 第一日:6h35m、第二日:4h55m、第三日:9h20m、計:20h50m。
メンバー すうじい(単独)、第三日はN氏と同行。
概要 常念山脈(蝶〜餓鬼)縦走、槍穂の展望不良だが、コマクサ満開、燕〜餓鬼はやや難路。
行程 →:登山道、=:交通機関
【7月24日】 曇
涸沢8:05→8:50本谷橋8:55→9:35横尾9:55→10:20槍見台10:30→11:20休11:30→12:20
休12:30→稜線12:45→12:48蝶ヶ岳三角点12:55→13:00蝶槍13:05→13:50お花畑P
14:05→2512P 14:30→14:55休15:00→15:38常念岳15:46→16:15常念小屋(泊)

【7月25日】 曇のち雨
常念小屋5:45→6:45休6:55→7:00コマクサ群落7:15→東天井肩8:15→8:35休8:40→
大天荘9:00→9:10大天井岳9:30→10:30休10:35→大下りノ頭10:50→11:10休11:15
→11:40燕山荘(泊)

【7月26日】 快晴のち曇
燕山荘4:35→5:10燕岳5:20→5:35北燕岳5:45→6:15 2723肩6:30→7:05休7:10→7:20
東沢乗越7:25→7:55休8:00→8:10東沢岳8:15→8:50休8:55→9:35休9:40→剣ズリ肩10:05
→10:30休10:35→10:55餓鬼岳小屋11:05→11:10餓鬼岳11:15→11:20餓鬼岳小屋11:40
→12:25休12:30→13:05大凪山13:10→13:40ガレ場下13:45→14:20最終水場14:30→
14:40左岸枝沢滝14:55→15:05魚止滝15:20→15:30紅葉滝15:40→16:10白沢登山口下
17:00→17:35あづみの公園17:58=18:15大町18:54=22:37新宿
記録  恒例になった、夏の涸沢定着。今年は、霞沢岳に登ってから入山し、継続で常念山脈を蝶ヶ岳から餓鬼岳まで縦走したのであった。

【7月24日】 曇
 ボランティアの仕事が、出発前まであったため、涸沢を出たのが8時過ぎとなった。調子良く下って、本谷橋で小休する。さらに下って行くと、屏風岩に滝が出現している。横尾で水を補給し、スポーツドリンクを調製する。

 蝶ヶ岳へは、厳しいことが判っているので、ゆっくり登り、槍見台で早めの休憩を入れる。残念ながら、槍は見えない。昨日の雨で泥んこの樹林帯で、さらに2度の休憩を入れ、稜線に達する。三角点で休憩するが、槍穂の稜線は雲に隠れている。蝶槍でも、小休する。

 ここから一旦大下りして、樹林帯に入り、お花畑のピークへ登り返す。途中、常念方面からの数パーティと擦れ違う。ちょっと蒸し暑いが、気分の良いピークなので、お昼にしよう。ガスが時折、蝶槍を覆い隠す。再び下って、2512Pを越え、常念岳を目指す。岩々した地形で、ガスが出てきて、雷鳥の番を見掛ける。まだ卵が孵化していないのだろうか。

 常念岳はガスの中だが、山頂の人声が聞こえる。頂上に辿り着いた時には、殆どの登山者が下った後だった。足元に常念小屋が見えるので、ちょっと安心する。霧雨が降ってきたので、ゆっくり下るパーティを抜きながら、一気に常念小屋まで下る。

 常念乗越には、ドコモのアンテナらしきものが立っており、常念小屋の中でも、携帯は3本バリバリである。小屋の中に「携帯電話は小屋の外で」という貼り紙がしてあるのが、ちょっと不思議な世界である。夕食が7時半からだったので、とりあえず、布団に入って寝ておこう。

【7月25日】 曇のち雨
 常念小屋を出て、間もなくコマクサの咲く砂礫地がある。一旦灌木帯を経て、再び砂礫帯に出て、横通岳のトラバースに入ると、コマクサの大群落に遭遇する。このコースには、本当にコマクサが多い。後ろから、昨日常念小屋に泊まった、高校生集団が追いかけてくるので、あまりゆっくり出来ないが、綺麗な花は撮影して行く。

 荷を担いだまま、大天井岳を往復する。高瀬ダムが見下ろせる。この間、例の高校生集団に抜かれてしまい、梯子場・岩場や擦れ違いで、大いに待たされる。大天井岳から燕山荘までは、さすが表銀座、人通りが多いので大変だ。何とかこの集団を抜いて、コマクサを撮影しながら、燕山荘を目指す。

 燕山荘近くまで登り返すと、また砂礫地にコマクサが咲いている。山荘前のベンチに腰を下ろして、お昼にする。すると、例の高校生集団がやって来た。まだ12時前なので、このまま餓鬼岳まで縦走しようか、どうしようかと悩んでいるうち、ポツリポツリ、雨が降り始める。これで諦めがついた。

 燕山荘の宿泊手続きをし、他2名の単独登山者と共に部屋へ案内される。部屋で落ち着いた頃、激しい雨が降り出した。部屋は定員6名だったが、結局敷き布団の数と同じ3名のままで、それ以上詰め込まれずに済んだ。夕方、雨が上がって、虹が現れた。そして槍穂高や裏銀座の山々も姿を現したのであった。

 明日は、同室のN氏と共に、餓鬼岳を越えて、白沢登山口へ下ることにする。

【7月26日】 快晴のち曇
 夜明け前から、快晴である。他の登山者達も、早起きして準備に余念がない。朝4時からの小屋の朝食に列ぶ。

 N氏と共に、4時半過ぎに燕山荘を発ち、燕岳を目指す。途中、我慢できなくなって、三脚を立てる。さらに花崗岩のザレを登って、燕岳山頂に立つ。裏銀座の山々が、間近に見える。振り返れば、燕山荘が、ちゃんとしたピークの上に建っているのが判る。

 続いて、北燕岳を目指す。途中、ザレのトラバースでは、栽培試験中のコマクサの若株に、花が満開である。踏跡を辿って、北燕山頂にも立つ。振り返れば、燕岳山頂は満員状態だ。縦走路に戻って、岩稜の東面をトラバースするコースに入る。

 ここから先のルートは、東側の斜面を登ったり下ったり、なかなか消耗させられる。適度に花が咲いていて、慰められはするが。やがて、稜線の西面に移り、砂礫地帯にコマクサの群落が多い。2723肩で、コマクサと裏銀座の山並みを見ながら、休憩する。

 ここから、東沢乗越まで、大下りとなる。雪渓横のお花畑を下ったり、孵化したばかりのヒナを連れたライチョウに出逢ったりする。やがて樹林帯に入り、さらにどんどん下って行く。東沢乗越まで下って小休する。

 東沢乗越から、しばらくは樹林帯の登りだが、やがて草いきれの灌木帯となり、暑くなってくる。東沢岳肩からは、剣ズリが立派だ。この辺りから、ガスが湧き始める。しばらく稜線伝いに進むが、やがて剣ズリの西面をトラバースするような、樹林帯の道に入る。この道は細かい上り下りがあり、ガレのトラバースもある。

 やがて、荒れたガレ場を斜上して、梯子を登れば、花崗岩の岩場帯に入る。この岩場のトラバースが大変だった。断続する梯子や桟道を、次々に上り下りして行かねばならない。剣ズリの北西面を大きく迂回して、稜線に乗るのだ。次第にガスが出てきて、不安感がつのる。

 一旦稜線に乗り、西面をかなり下降する。さらに西面をトラバース気味に登って、餓鬼岳小屋を目指すのだ。まだか、まだかと歩いて、やっとテント場に出る。さらに僅かな登りで、餓鬼岳小屋に至る。小屋では、通過と聞いて、ガッカリしていたようだ。

 小屋前のベンチに荷を置いて、餓鬼岳を往復する。ガスで全く展望が無いが、山頂付近には、やはりコマクサが咲いている。小屋まで下って、昼飯にしよう。小屋でタクシーの手配を頼み、白沢登山口方面へ下り始める。

 しばらく、百曲りと呼ばれる、お花畑や笹藪の斜面をジグザグに急降下して行く。一旦尾根上に乗り、泥んこ道を進む。いずれにせよ、登りには使いたくないコースである。登ってくるパーティが、意外と多いのに驚く。餓鬼岳は、こちらの登山道がメインのようだ。大凪山の道標付近で休憩する。

 ここから再び急降下となり、沢状の不安定なガレ場を下る。脚がガクガクしてくる下りである。やっと、最終水場まで下り、水を補給して休憩する。さらに少し下ると、沢沿いの道となり、滝も現れる。滝写真撮影の目的もあったすうじいは、N氏に先行して貰い、撮影しながら行くことにする。

 右岸枝沢の滑滝を撮影し、本流の滑滝左岸の階段を下降する。右岸の小尾根を乗越して下ると、魚止滝が見えてくる。立派なスラブ状の滝である。花崗岩なのであろうか薄赤茶色で、落差40mくらいありそうだ。滑りやすい岩の上を移動して、沢の中から撮影しよう。

 ここから下流は、ますます谷が深くなり、右岸に付けられた杣道は、桟道や鎖場・梯子を交え、難所の連続である。ゴルジュの右岸岩壁に付けられたトラバース道を怖々辿ると、桟道の最中で、落差30m程の逆S字トヨ滑滝が目に入る。これが紅葉滝である。広葉樹の枝葉がちょっと邪魔だが、紅葉の季節には見事なのだろう。不安定な場所で三脚を立て、何とか撮影する。一眼レフのソフトケースが、谷底へ転がって行った。紅葉滝への奉納とする。

 N氏に大分遅れているので、急ぎ駈け下る。かなり下った所で、橋の下を釣師二人が溯って行った。さらに少し下ると、休憩中のN氏に追い付いた。林道までは、さらに歩かされる。やっと、マイカーが1台停まる林道終点に出るが、タクシーはさらに200m下までだという。うだうだ歩いて、500m程下ると、舗装道路に出る。

 ここがタクシー終点の筈だが、16:10、タクシーの姿は無い。まあ、16時半の約束だから、着替えたりしながら待つことにする。16:30、まだ来ない。「忘れられてんじゃないだろーなー(^_^;」との一抹の不安が、もたげて来る。17時まで待ったが、来ないので、携帯の電波が届く所まで、歩くことにする(ToT)。

 途中、壊れた公衆電話を試したりしながら、林道を下って行くと、薄暗がりの林の中で、ゴソゴソ音がする。何か動物のようだ。黒い犬のような動物が去って行く。犬にしては、モコモコお尻を突き上げ、歩き方が変だ。こっちを振り向いた。ありゃ小熊だっ。おいおい親熊はいねえだろうな。思わずストックを持つ手に力が入る。そいつは、そのまま森の中へ消えた。

 「あづみの公園予定地」の看板がある、工事中の林道終点まで来ると、携帯が通じた。タクシーを呼ぶ。大町駅まで無事到着。タクシー会社に事情を聞きに行けば、小屋からの連絡は受けていないと言う。予定より、大幅に遅れて、電車に乗る。「タクシーへの連絡は、自分の携帯からした方が確実」というのが、今回の教訓であった。

アルバム(Yahoo!フォト)

アルバムT:涸沢・蝶ヶ岳・常念岳(13枚)

アルバムU:横通岳・大天井岳・燕山荘(32枚)

アルバムV:燕岳・餓鬼岳・白沢(53枚)

MR478_ 霞沢岳(北ア)'03-07

の表紙へ
本館トップページへ