奥三界岳(阿寺)

date 2010/4/17 曇のち小雨のち晴
コース 夕森公園ゲート〜銅穴滝〜夕森田立林道〜昇竜滝〜林道終点〜奥三界岳〜林道終点〜昇竜滝〜夕森田立林道〜一ツ滝・アゼ滝見物〜銅穴滝〜夕森公園ゲート
実働 登り:4h15m、下り:2h20m、一ツ滝・アゼ滝見物:45m、計:7h20m
概要 夕森公園ゲートから季節外れ新雪の奥三界岳往復。
メンバー すうじい(単独)
行程 →:山道・踏跡、\\:トレース無し・藪漕ぎ・不明瞭な踏跡、=:車
【4月17日】 曇のち小雨のち晴
宿5:55=7:20夕森公園ゲート7:50→夕森田立林道9:13→10:30林道終点10:50→\\12:25奥三界岳13:05\\→13:55林道終点14:05→14:20昇竜滝14:25→下降点15:00→分岐15:27→15:45一ツ滝15:55→16:15アゼ滝16:20→分岐16:25→16:40銅穴滝16:45→17:00夕森公園ゲート17:10=20:15ハイランドしらびそ(泊)
使用装備 登山靴、ストック、μ725SW、E-1、ED12-60mmF2.8-4、テルモス、GPS
不用装備 アイゼン
記録

 当初は、中央アルプスの安平路山を狙っていたのだが、前日から積雪があり、悪路とされるアプローチと笹藪ラッセルの恐怖とから、より楽そうな奥三界岳へと変更したのであった。

【4月17日】 曇のち小雨のち晴
 夕森公園ゲートに到着して準備していると、車が1台と、バイクが1台現れ、それぞれ1名ずつ出発して行った。あとを追う。

 川上川右岸沿いの林道を歩いて行くと、右岸から落ちる枝沢に、忘麟滝が懸かる。ゲートから20分ほど歩くと、右岸の枝沢に、立派な銅穴滝20mが懸かる。コンデジでお茶を濁し、先を急ぐ。その先で、本流に懸かる吊橋を渡って、対岸を少し登ると、一ツ滝・アゼ滝への山道が分岐するが、滝見は帰りに寄ることにして、先を急ごう。先行する二人は、別の方面へ向かったようだ。

 上を走る夕森田立林道までは、樹林帯の急登が続く。小雨まで降り出して、泣きっ面に蜂だ。夕森田立林道に出ると、今度は林道歩きが続く。林道を歩くうちに、雨は止む。林道を歩くうち、堰堤の上に二重橋、そして昇竜滝が見えてくる。

 二重橋の下の橋を渡り、左へ分岐する支線に入れば、上の木橋を渡る。この木橋の上からは、昇竜滝が真正面に見物出来る。荒れた林道支線を辿って行くと、やがて小屋のある終点に至る。

 小屋で小休の後、小屋裏の階段に取り付く。針葉樹の植林帯に入ると、融け始めた雪がボタボタ落ちてきて、不快である。植林帯を抜け、開けた小尾根上を進み、やがて笹藪帯に切り開かれたトラバース道を右へと辿る。

 笹藪の中の源流の小沢に入り、ゴーロを溯る。標高差にして100Mほど溯った所で、この小沢を離れ、右手に斜上して、尾根に乗る。1708Pの北側を巻くように進み、背の高い樹林帯に入る。1690Mコル付近は、深い樹林で、融け始めた雪の塊が、頭上からバシャバシャ落下してくる。ひたすら耐えて、黙々と登ろう。登るにつれて、積雪は深くなる。

 大木の樹林帯を一旦出て、小さめの針葉樹を縫うような道になる。再び深い樹林帯に入り、ラッセルを続けながら、西へと進む。この辺り、地形がベチャンコなので、雪のある季節には、迷い易い所だ。やがて、山頂展望台が見えてくる。早速、登ってみよう。

 まだまだ雲が残っているので、展望は今一つである。テルモスのコーヒーを飲みながら、山頂展望台で、40分ほど粘っていたら、木曽御嶽の頭が見えて来た。恵那山方面も、雲が残っている。そろそろ、山頂を辞して、下山を開始しよう。

 山頂展望台を辞して、再び樹林帯をラッセルしながら東へ戻ると、10人ほどのパーティと擦れ違う。誰とも遭わなかった山行の印象が、一気に変わる。さらにその後も、団体さんが続く。背の高い樹林帯も、林床の雪は融け、地面が出ている。

 源流小沢付近で、恵那山方面の展望が良くなる。雪が融けてしまったゴーロを下り、トラバースの道に入ると水溜まりが出来ている。植林帯を下り、支線林道終点小屋に至ると、辺りには全く雪が無い。小屋で小休の後、雪の消えた、荒れた支線林道を下る。

 木橋まで来ると、昇竜滝が陽射しに輝いている。三脚は無いが、E-1で撮影しておこう。手持ちで、スロー撮影にも挑戦してみる。木橋を過ぎて、夕森田立林道へと合流し、これを下って行く。振り返れば、堰堤の上に、二重橋と昇竜滝が遠望される。朝方の雪景色とは、何たる違いであろうか。

 昇竜滝から夕森田立林道を30分強歩くと、銅穴滝への下降点に至る。下降点から、30分弱の急降下で、一ツ滝・アゼ滝への歩道が分岐する。かなり疲れてはいるが、折角なので、見物して行くことにする。右岸に付けられた道を辿ると、先ず、アゼ滝への下降点を通過するが、上流の一ツ滝を先に見物しに行こう。吊橋を渡って、左岸の道を辿る。

 分岐から20分ほどの歩きで、一ツ滝の滝壺前に至る。道は、さほど整備されてはいないので、慎重に歩きたい。落差10mほどの直瀑で、結構な雰囲気がある。三脚は無いが、手持ちでスローにチャレンジしておこう。時間も無いので、ほどほどで引き返すことにして、一ツ滝の滝壺前から、左岸の遊歩道を戻る。

 吊橋を渡って、川上川本流右岸に戻り、今度はアゼ滝へと下降する。岩壁に打ち込まれた金具を頼りに川床へと降りて行く。アゼ滝は、2段25mほどの滝である。垂壁を登り返し、今度は上段トヨナメを俯瞰気味に望む。こちらも、深い釜を持つ。なかなか、見応えのある、立派な滝である。

 満足して、分岐に戻り、再び本流に懸かる吊橋を渡って、左岸の林道に出る。林道を、銅穴滝へと下る。銅穴滝は、川上川本流右岸の銅穴谷に懸かる、落差20m程の滝である。東屋のある場所から、滝の下左岸の岩の上へと登り、撮影する。またもや、手持ちスローに挑戦しておこう。林道をさらに15分で、ゲート前の駐車スペースに戻る。

 今宵の宿、飯田市のハイランドしらびそへと車を走らせる。

滝見亭・東海北陸の滝」に滝写真集「川上川源流'10-04」があります

MR643_ 尾高山・奥茶臼山(南ア前衛)'10-04

アルバム

表題をクリックすると、各ブログにジャンプします
戻るときは、ブラウザの「戻る」で戻って来て下さいねm(_o_)m

その1:
GPS軌跡
その2:
ゲート〜銅穴滝〜吊橋
夕森公園ゲート 忘麟滝 銅穴滝 吊橋への分岐 吊橋
その3:
アゼ滝分岐〜夕森田立林道〜支線林道終点
アゼ滝分岐 夕森田立林道 昇竜滝遠望 支線の木橋 林道終点の小屋
その4:
登山道を奥三界岳へ
小屋裏の階段 源流の小沢を溯る 小沢から離れる 1690Mコルで振返る 1690Mコルから登る
その5:
奥三界岳山頂展望台
山頂付近の樹林帯 山頂の展望台 小秀山 木曽御嶽 恵那山か
その6:
昇竜滝
恵那山方面 林道終点の小屋 昇竜滝 昇竜滝 昇竜滝遠望
その7:
一ツ滝
下降点 アゼ滝分岐 一ツ滝への吊橋 一ツ滝 一ツ滝
その8:
アゼ滝
アゼ滝下段 アゼ滝下段 アゼ滝下段 アゼ滝上段 アゼ滝上段
その9:
銅穴滝
吊橋への分岐 銅穴滝 銅穴滝

の表紙へ
本館トップページへ