西山(八丈)

date 2008/5/9 ガス
コース 七合目登山口〜浅間神社〜お鉢巡り〜西山山頂〜中央火口丘〜七合目登山口
実働 2h27m。
概要 生憎のガスで、小穴下降のルート偵察もままならず。
メンバー すうじい(単独)
行程 →:山道・踏跡、:溯行、\\:藪漕ぎ・不明瞭な踏跡、=:車
【5月9日】 ガス
スーパー9:30=9:55七合目登山口10:10→10:48東側火口縁10:50→11:00浅間神社\\(偵察)\\浅間神社11:53→東側火口縁11:59→12:10北側火口縁(偵察)13:10→13:20西側火口縁14:07→西山山頂14:18→14:29東側火口縁14:31→\\14:46中央火口丘14:50\\→15:05東側火口縁15:10→15:30七合目登山口15:55=16:10民宿(泊)
使用装備 登山靴、ヘルメット、μ-725SW、シュリンゲ
不用装備 9mmx40mザイル、8mmx30mザイル、6mmx10m細引、ハーネス、8環、アイスハンマー、アブミ2、E-1、ED8mmF3.5Fisheye、11-22mmF2.8-3.5
記録  11年ぶりの八丈島。八丈富士の小穴偵察を試みたが、生憎のガスで、ルート偵察もままならず。更に、帰りの飛行機が前線と台風とで欠航し、散々な遠征となった。

【5月9日】 ガス
 レンタカーを借りて、スーパーで買い物。その後、登山口へと向かうが、いきなり道に迷う。おまけに、八丈富士(西山)山頂付近は、分厚い雲の中。やっと登山口に到着するも、いまにも降り出しそうな、ガスの中だ。

 ちと不安な気分になりながら、登山口をあとにする。登山口の看板に立て掛けてあった、棒切れの杖を1本拝借して行こう。だが、いきなり階段だ。それも、歩幅が合わない、難色な登りである。登るにつれ、ガスと風が強くなる。

 40分ほどの登りで、東側火口縁に辿り着く。ガスで、全く展望は無い。'96年12月に登った時は、お鉢巡りのみで、浅間神社と中央火口丘には行けなかった。抉れた溝のような踏跡を下ると、平坦地で三叉路となる。道標が立ち、右が浅間神社、左が中央火口丘だ。

 先ずは、右の浅間神社へと向かう。窪地に沿って、道が付けられているので、時折、湿地状となっている。ガスっているので、シダ植物や独特の植生と相俟って、ジャングルに迷い込んだような雰囲気だ。東側火口縁から10分ほどで、浅間神社の鳥居が見えた。

 古い石碑や、祠が並び、その前に玉石が奉納されている。安全祈願が多いようだ。浅間神社横から、小穴が見下ろせる。だが、ガスで殆ど何も見えない状態が続く。小鳥の囀りが、下の方から響いてくるので、小穴の側壁の厳しさが想像される。時折、風でガスが切れ、一瞬であるが、小穴の姿が現れる。

 浅間神社の先で、藪を漕ぎ、5m程下降を試みたが、ガスのため全くルート偵察が出来ず、断念する。引き返して、お鉢巡りをしながら、ガスが切れたら小穴の偵察をすることにしよう。

 東側火口縁まで戻り、反時計回りにお鉢巡りを開始する。北側火口縁付近に来ると、こちら側からでは、火口縁から小穴の縁に至るまで、傾斜は緩くとも、かなり藪を漕ぐ必要がありそうだ。しかも、一番の問題である、小穴の縁から底までの断崖の弱点については、ガスのため不明のままだ。

 岩の間の踏跡につられて、北西側火口の内側へと入る。しばらくは藪を漕ぎながら、下降できそうだが、その先は不明である。火口壁の岩は、ボロボロで崩れ易く、信用出来ない。

 西側火口縁でも散々粘ったが、ほとんど展望は得られなかった。結局、もっと晴れた日に、偵察をやり直す必要がありそうだ。八丈小島など、全く見えないし。何をしに来たんだか。ザック内の登攀具が、やたら重く感じられる。ガスの中、お鉢巡りを続けて、やっと山頂に至る。展望が無いって、本当につまらん。

 東側火口縁の十字路に至り、再び泥窪状を下降して、今度は中央火口丘へと向かう。浅間神社・中央火口丘分岐から左へと窪状地を進み、やがて窪状の右側をトラバース気味に進む。一旦段丘状に乗って折り返し、藪漕ぎをしながら進み、次の窪状を横断する。再度段丘状に乗り、藪漕ぎしながら緩やかに下ると、中央火口丘の池の畔に出る。

 ガスの中の池は幻想的だが、遭難してしまいそうな雰囲気だった。足元には、水苔があって、踏跡は消えてしまう。どっちから来たのかも、判らなくなりそうである。もう、早いとこ引き返そう。東側火口縁から、あの階段道を休み無く、黙々と降りたのであった。

 その翌日から雨風が強まり、飛行機が二日間欠航した。八丈島畏るべし。現代の島流し状態に陥ったのだ。御赦免船ならぬ、予定より半日遅れの飛行機が離陸した時、安堵と感激を禁じ得なかった。

アルバム

この山行のブログはこちら

七合目登山口
640段もあるらしい階段
浅間神社・中央火口丘への下降点
浅間神社
北側火口縁から小穴
西山山頂
中央火口丘の池

の表紙へ
本館トップページへ