二瀬道1680Mコル敗退・新反射板偵察(奥秩父)

date 2007/1/8 快晴のち曇
コース 埼大山寮〜1330M反射板跡〜1350M水平道(上段道)〜水場〜1680Mコル〜水場〜上段道〜索道残骸尾根〜1500M新反射板(偵察)〜上段道〜1330M反射板跡〜埼大山寮
実働 登り:4h28m、下り:1h45m、偵察:53m、計:7h06m。
概要 雪の笹藪廊下の登りは辛かった、帰りに1500M新反射板偵察。
メンバー すうじい(単独)
行程 →:山道・踏跡、\\:藪漕ぎ・不明瞭な踏跡、=:車
【1月8日】 快晴のち曇
さいたま3:20=5:00影森コンビニ5:15=5:45道の駅大滝温泉6:00=6:25埼大山寮6:50→
8:45 1330M反射板跡8:55→山ノ神尾根9:22→9:28索道残骸尾根9:30→水場9:50→\\
11:30 1680Mコル11:50\\→水場12:30→上段道索道残骸尾根12:47\\13:20 1500M
新反射板13:30\\上段道13:50→14:05 1330M反射板跡14:20→15:10埼大山寮15:30=
18:15さいたま
使用装備 革登山靴、ストック、ピッケル、μ725SW
不用装備 ヘルメット、アイゼン
記録  '02年12月に、笹を覆う新雪に、1330M反射板の先で、断念・敗退した「和名倉山二瀬尾根1400M敗退」。その後、'03年11月に、雪の無い時季を狙って、二瀬尾根からリベンジを果たした。今回、前々日にかなり雪が降ったのを覚悟の上で、二瀬尾根にチャレンジしてみた。

【1月8日】 快晴のち曇
 二瀬尾根の出発点である、埼大山寮近くの駐車スペースに車を停める。スペースは雪で覆われており、都会仕様のマイカーでは、乗り入れにちと不安を感じる。何とか上手く駐車し、身支度して出発だ。今回は、デジ一眼・三脚などは省略し、コンデジ:Olympus μ725SW で軽量化を図る。アイゼン・ピッケルを担ぐが、出来れば使わずに済ませたいところだ。

 埼大山寮の下を通って、雪に覆われた道を歩き、秩父湖に懸かる吊橋へと向かう。吊橋の板の上には、氷化した雪が覆っている。吊橋から見上げると、噂通り、1330M反射板の姿が、見えないようだ。やはり、撤去されたのであろうか。対岸に渡り、枯葉に覆われた、バンド状をトラバースする所が、少し悪い。薄暗い、杉林の中を登って行く道に入る。一旦、尾根上に乗って、秩父湖を見下ろしながら、上着を一枚脱ぐ。

 再び、杉林の斜面に入り、しばらくジグザグ登りを続ける。いい加減飽きた頃、再び尾根上の道になる。左手は杉林、右手は落葉樹林だ。杉林には、雪があまり積もらないが、落葉樹林には、結構積雪がある。登るにつれ、次第に雪が深くなる。落葉樹林帯をトラバースし、笹藪斜面の切り開きを登ると、1330M反射板跡に飛び出す。

 噂通り、反射板は撤去され、跡地には松の苗木が植えられていた。ここは、二瀬道では、数少ない展望台なので、パンを囓りながら休憩しよう。小休後、1350M水平道に入るとすぐ、左手に平坦地形が目に入る。この辺りで、既に木々の合間から、尾根上に新反射板が見えるではないか。

 少し行くと、東大演習林の「バス停」が、石津窪左岸道の分岐の目印になっている。枝の合間から、新反射板が、確かに見えている。分岐を過ぎて、なおも進んで行くと、次第に道が荒れて来る。1330M反射板跡から30分弱で、山ノ神尾根に至る。登り側は、マーキングしてあり、踏跡もあるようだ。下り側も、マーキングがある。一度、偵察しておきたいものだ。

 山ノ神尾根から5-6分で、索道残骸尾根に至る。ここからの索道残骸尾根の下降は、何度か踏査済みである。登りの方は、踏跡と言うより、獣道のようだが、帰りに余裕があれば、ここから新反射板まで、登ってみよう。さらに水平道を辿ると、索道尾根から20分弱で、小屋跡に至る。いつも不快な思いをする小屋跡も、ガラクタやゴミの類が雪に埋もれ、比較的気分良く通過する。

  上段道(1350M水平道)が水場の沢を横断する場所に、白い道標プレートがあった。水平道は、水場の沢を横断して更に続き、和名倉沢1380M右岸枝沢出合付近まで、踏跡を辿ることが出来る(MR539)。今回は、水平道の延長を横目に、水場の沢沿いに、ゴーロ状を少し登れば、水場に至る。水量は、意外に豊富であった。

 ここからは、無雪期は苔生したゴーロ状となる、浅い沢形の左側沿いに、登って行く。笹藪廊下取付地点まで、意外と登らされる。次第に急になる泥斜面も、軟雪が被っている。笹藪が始まり、傾斜のある涸れ窪状の笹トンネルを登って行く。

 傾斜が少し緩むと、沢状地形の左手の小尾根状に乗り、次第に激藪状態となる。無雪期には、踏跡を忠実に辿れば、迷うことは少ないのだが、中途半端に雪を被った笹は、不規則に倒れ、踏跡を覆い隠してしまう。ここで踏跡を外すと、激藪を延々漕ぐことになるので、帰りのために、赤ビニテを付けて行こう。最後の辺りは、従来の踏跡ではなく、1684Pを忠実に尾根伝いに進むコースに、付け替えられているような印象だった。

 コルの平坦地から先は、いい感じに雪が積もっており、快適な冬の尾根歩きが楽しめそうだが、時刻は既に11時半。先ずは、ザックを下ろして、休憩しよう。積雪は、膝下程度であるが、登るにつれ深くなって来るであろうし、これからの山頂往復には、ちと無理がある。引き返しを決断する。

 笹藪廊下も、トレースを着けて来たので、帰りは楽であろう。再びザックを背負い、歩き出す。笹を被った雪も、叩き落として来たので、藪漕ぎがかなり楽になっている。下りになると、かなりスピーディに進んで行く。無雪期とさほど変わらぬ感じで、笹藪廊下を通過してしまう。

 笹藪廊下を抜け、その下の泥斜面からは、霧藻ヶ峰や長沢背稜方面が望まれる。やはり、下りは楽だ。1650Mコルから40分で、水場を通過する。小屋跡から1350M水平道(上段道)を辿り、索道残骸尾根に至る。ここから、尾根上部にある新反射板を偵察してみよう。

 往きに確認して置いた、獣道入口に踏み込む。しばらくは、幅広尾根の樹林帯で、藪は薄かったが、やがて笹藪倒木帯に突入する。これを突破して、山ノ神尾根と尾根が合わさった辺りの樹林帯に入る。樹林帯に再び笹藪が酷くなる頃、木々の合間から、尾根の右上方に反射板らしきモノが見えて来た。

 チラチラ見える方向へ、笹藪を漕いで行くと、1500M付近の尾根やや北側斜面に設置された、新反射板に至る。反射板からは、さすがに、展望が良い。旧反射板のあった、1369.4Pと1350M水平道も確認できる。両神山から秩父御岳山へと続く梵天尾根も、一度縦走してみたいものである。

 反射板広場の北側に、笹藪が切れている一角があるので、もしや・・・と思って近付いてみる。立木にテープも巻いてあるし、どうやら踏跡があるようだ。尾根伝いに登って来た笹の激藪に、些かウンザリしていたので、ここから下降出来るかも知れない。

 踏跡は、少し左手にトラバース気味に下降し、沢形に入ると、すぐに不明瞭になる。古いマーキングは、沢形沿いに下っているようだ。沢形は雪で埋まっており、トレースなんぞある訳も無く、踏まれた形跡を確認することも出来ないが、この急な北面沢形を下ることにする。

 アルペン差ししていたピッケルが、遂に役立つ時が来た。ピッケルとストックを手に、足で雪の下を探りながら、慎重に下降して行く。遙か下方に、何となく水平道らしきバンドが、木々の合間から見えるような気がする。地形図からは、反射板から水平道まで、標高差150Mほどである。

 何とか無事に、見覚えのある1350M水平道(上段道)に降り立つ。よくぞまあ、こんな急なところを下って来たものだ。無雪期には、どんなルートになっているのであろうか。水平道に降り立てば、あとはサクサク帰るのみだ。

 1350M水平道を辿り、石津窪左岸道分岐の「バス停」で、新反射板を振り返る。さらに進んで、1369.4P南東側まで来ると、落葉樹の合間から、新反射板を撮影する。二瀬尾根では貴重な展望台である、1330M反射板跡で、最後の休憩をしよう。

 この後は、一気に下って行く。後半は、杉林の中のジグザグ下りとなり、イヤになって来るが、秩父湖畔のバンド状通過は、慎重に歩く。吊橋の板に張っていた朝方の氷は、大分融けてしまっていた。埼大山寮横の駐車スペースに登り返して、無事下山となった。

二瀬尾根概念図

ブログ「両神山と荒川源流」の書庫「和名倉山」に、この山行のブログがあります。
大きな画像も豊富にありますので、是非ご覧下さい。

アルバム

吊橋を渡る
吊橋から1369.4Pを見上げる
1330M反射板は見当たらない
1330M反射板跡
松の苗木が植えられている
1330M反射板跡からの展望
1350M水平道(上段道)が始まる
石津窪左岸道下降点
東大演習林の「バス停」
バス停付近から新反射板
水場
踏跡を覆い隠す雪かぶり笹
1680Mコル引返点
笹藪廊下下泥斜面より長沢山方面
索道残骸尾根取付獣道入口
1500M新反射板に到達
1500M新反射板より
1369.4Pと梵天尾根方面
1350M水平道から
下って来た沢形を振り返る
下り着いた1350M水平道
1369.4P南東の水平道から
新反射板を見上げる
1330M反射板跡から
秩父湖と吊橋を俯瞰
秩父湖の吊橋
これを渡れば埼大山寮はもうすぐ

表紙
の表紙へ
本館