入笠山(南ア前衛)

MR464 入笠山(南ア前衛)

date 2003/2/16 雪
コース 沢入登山口〜入笠湿原〜マナスル山荘〜入笠山(往復)
実働 3h45m
概要 沢入登山口基点、降りしきる雪の中の登山、スノーシュー集団に遭遇。
メンバー morimoriさん、cbyさん、すうじい
行程 →:ツボ足
【2月16日】 雪
沢入登山口9:55→10:30小休10:35→11:35マナスル山荘12:20→13:00入笠山13:05→
13:20マナスル山荘13:25→入笠湿原13:35→14:20小休14:25→14:45沢入登山口
記録  morimoriさんが、「真澄」の宮坂醸造富士見蔵見学に行くというので、便乗することにした。ついでに、近くの入笠山に登ることになった。morimoriさんは、25年ぶり。cbyさんとすうじいは、初めての山である。

【2月16日】 雪
 中央高速を、山梨県内を走るうち、ポツポツ小雨が降り出す。長野県内に入ると雪になる。諏訪南ICで降りて、入笠山への林道を走る頃には、本格的な雪降りだ。林道途中でスタッドレスでも登れなくなり、チェーンを巻く。やっとのことで、沢入登山口の駐車場に辿り着くと、数台の車が停めてある。今日来た車ではないらしい。

 踏み固められた登山道には、既に新雪がかなり積もっている。ツボ足で行くが、少し歩きにくい。やがてジグザグの急登が始まり、富士見町の所有らしい目的不明の建物が現われる。気温はさほど低くないためか、汗ばんでくる。この辺りで、小休する。

 更に登ると、気持ちの良い、針葉樹林帯のトラバース道が始まる。凍結した踏跡の上に、新雪が積もっているので、少々歩きづらい。一部、路肩が弱くて、転落しそうな場所もある。蜿蜒と、緩やかな登りが続く。やがて、開けた所へ下って行くと、入笠湿原の雪原へ出る。

 潜りやすい雪原を突っ切り、短い雪壁を登って、林道へ乗る。振り返ると、スキー場のゴンドラに乗ってきたと思しき集団が、入笠湿原へと下りつつある。どうやら、みなスノーシューを履いているようだ。我々は、マナスル山荘へ向かって、林道を歩き出す。

 マナスル山荘が営業していたので、先ずは休憩して行こう。ホットミルクを注文し、昼食を摂りながら、しばし歓談する。スノーシュー集団の一部もやってきて、賑やかになる。アイゼンを着けたまま、入って来た人がいたのには、驚いた。

 山荘を後にして、林間のコースを辿る。緩やかな登りは、ツボ足では潜りがちだ。やがてトレースがハッキリしてきて、歩き易くなる。左手の切り開き斜面では、スノーシュー集団が、一列になって登っている。やがて、この集団は、林間のコースに合流する。

 トレースのど真ん中で、この集団が休憩を始めちまった。おいおい、君らはスノーシュー、こちらはツボ足。わざわざ、トレースのど真ん中で休憩するこたあ無いだろ。やむなく、トレースを外してラッセルし、追い越すことにする。

 この先、次第に傾斜が増し、トレースがハッキリしなくなる。新雪の下は、堅い雪だ。キックステップを蹴り込んで、慎重に登ろう。久々の雪山らしい登りに、何だか嬉しくなってくる。新雪の中に、セリ科の花のドライフラワーが頭を出している。やがて傾斜が弛み、丸い山頂が見えて来た。

 山頂は、スノーシュー集団で一杯になってしまう。我々も、証拠写真を撮っておこう。ちょっとした吹雪状態なので、長居は無用、すぐに下降開始。さすがに、下りは楽チンだ。時折、尻セードも交え、サクサク下って行く。

 マナスル山荘前で、小休した後、再び林道を辿って、入笠湿原へ向かう。湿原を横切って、針葉樹林帯トラバース道に入る。登りのトレースに、既にかなり新雪が被っている。枝に積もった雪を払いながら、ゆっくりと進む。雪の着いた幹が、いい感じなので、時折写真など撮りながら歩く。

 ジグザグの下りになった辺りで、小休する。再び、例の目的不明の建物までやって来て、覗き込むが、結局不明のままだった。あとは、僅かな下りで、沢入登山口の駐車場に至る。停めていた車には、既にかなりの雪が降り積もっていた。

 さて、チェーンを巻いているとは言え、更に新雪の積もった林道下降、車の運転は大変だ。morimoriさんの頑張りで、次の目的地(本当はこちらが本命)の宮坂醸造富士見蔵へ、無事到着。充実した蔵見学と楽しい試飲(morimoriさんは、運転手なので飲めませんでした)。

 富士見蔵見学を終え、車を少し走らせた所で、薄暗くなった空に、月と八ヶ岳が現れる。慌てて路肩に車を停め、大撮影大会が始まる。寒かったけれど、みな夢中でカメラを構える。諏訪の蕎麦屋「登美」に寄って、美味い笊蕎麦を食して帰る。

 morimoriさん、運転お疲れさま。素晴らしい企画、有り難うございました。

宮坂醸造富士見蔵訪問

アルバム

沢入登山口付近の様子
結構雪が降ってます
入笠湿原を行く
morimoriさんとcbyさん
入笠山北面の切り開き斜面を
一列で登るスノーシュー集団
林間ルートを登る
山頂直下のラッセル急登で
こんなドライフラワーもある
シンドイけれど
デジカメを出すmorimoriさん
cbyさん、もう少しですよ
スノーシュー集団に遠慮?
スノーシュー集団をバックに
下りは楽チンだ
入笠湿原付近
沢入登山口へ下る
針葉樹林のトラバースにて
いい雰囲気だねえ
停めていた車に
こんなに雪が積もっている
雪の林道を下る車窓から
スタッドレスにもチェーンが必要
宮坂醸造富士見蔵近くにて
夕暮れになってから
八ヶ岳が姿を現した
入笠山から見たかったな

の表紙へ
本館トップページへ