白糸ノ滝・竜返ノ滝(軽井沢)

MR456 白糸ノ滝・竜返ノ滝(軽井沢)

date 2002/12/01 霧雨時々小雪
コース 白糸ノ滝〜竜返ノ滝〜小瀬温泉(信濃路自然歩道)
実働 52m。
メンバー すうじい(単独)
概要 霧雨で鼻曲山断念。小雪の中、白糸ノ滝から、意外に水量豊富な竜返ノ滝へ。
行程 軽井沢駅12:20=12:43白糸ノ滝13:18→14:00竜返ノ滝14:30→14:40小瀬温泉14:52
=15:08軽井沢駅16:40=17:05星野温泉(泊)
記録  鼻曲山から新雪の浅間山を撮影しようと目論んでいたのだが、軽井沢に着いてみると、霧雨が降っている。寒い。展望が期待できないので、鼻曲山登山を断念し、ショッピングに変更。ゴアのアウトドアジャケットを購入する。

 午後になると、雨も止んだようなので、バスに乗って白糸ノ滝を目指すことにする。ロッカーに不要物を押し込んで、足周りは長靴だ。ストックを持って行く。

 白糸ノ滝が近付くと、道端に雪が少し残る。バス停から2分ほどで、白糸ノ滝に至る。こんな天気なのに、車で来た観光客が、結構いる。雪が降り出した。とにかく、白糸ノ滝を撮影しよう。撮りかけのフィルムが終わったところで、バス停近くのトイレに逃げ込み、フィルムを交換する。

 帰りのバスまで、かなり時間があるので、信濃路自然歩道を歩いて、竜返ノ滝を見に行くことにする。みぞれ混じりの小雨の中、アップダウンのある自然歩道を急いで歩けば、汗ばんでくる。湯川の右岸から、車道を横断して左岸に渡る。左岸の林道沿いに大きく迂回して、やがて林道から離れ、急降下して湯川を右岸へ渡り、車道を横断する。右岸を大きく迂回した山道が、再び湯川に差し掛かった所が、竜返ノ滝入口である。

 入口から1分ほどで、東屋があり、竜返ノ滝は目前だ。結構な水量で、迫力がある。荷物を置いて、撮影モードに入る。滝の正面に、高さ2mほどの岩があり、この上によじ登って、三脚を立てる。上段も視界に入り、絶好のポイントだ。

 一連の撮影を終え、東屋に戻る。テルモスのお茶を飲み、腰を上げる。ここから10分ほどで、小瀬温泉のバス停に至る。10分ちょっとのバス待ちで、軽井沢駅に出る。

 駅でサクサク着替えてしまい、不要な荷物をザックの中に押し込んで、プリンスホテルの受付で宅配の手続きをする。ゆっくり、駅まで戻り、星野リゾートのシャトルバスに乗り込む。鼻曲山には登れなかったけれど、滝を二つ撮影できたので、まあ良しとしよう。宿で飲んだ、地ビール「夜な夜なエール」と須坂の「粋人」特別純米ひやおろしが、かなり旨かった。

アルバム

表題をクリックすると、ブログにジャンプします
戻るときは、ブラウザの「戻る」で戻って来て下さいねm(_o_)m

その1:
白糸ノ滝
白糸ノ滝1 白糸ノ滝2 白糸ノ滝3 白糸ノ滝4 白糸ノ滝5
その2:
竜返ノ滝
竜返ノ滝1 竜返ノ滝2 竜返ノ滝3 竜返ノ滝4

の表紙へ
本館トップページへ