那岐山と蛇淵滝見物(那岐山)・雨滝筥滝見物(扇ノ山)

date 2014/11/15 晴、雨滝では雨
コース
実働 登り:1h55m、下り:1h20m、計:3h15m。
概要 蛇淵滝黒滝から那岐山周回、オマケで雨滝・筥滝見物。
メンバー すうじい(単独)
行程 →:山道・踏跡、:溯行・下降、\\:藪漕ぎ・草付、=:車

【10月15日】 晴、雨滝では雨
=7:40蛇淵滝P 8:00→8:55黒滝9:00→10:00那岐山10:15→大神岩10:55→11:35蛇淵滝P 12:30=14:30雨滝P 14:43→雨滝→筥滝→16:05雨滝P 16:25=
使用装備 長靴、TG620、GPS(滝撮影:E-P2、ED14-150mmF4-5.6、三脚)
不用装備 ED9-18mmF4-5.6
記録  岡山県・鳥取県に遠征してきた。最初に登ったのは、那岐山。下山後に、駐車場からすぐの、蛇淵滝を見物。さらに、鳥取の百選滝:雨滝と筥滝を見物した。

【10月15日】 晴、雨滝では雨
 中国自動車道の美作ICで降りて、奈義町へと向かう。途中、少々迷ったが、なんとか蛇淵滝入口駐車場まで辿り着き、車を停める。蛇淵滝見物は帰りにすることにして、先ずは那岐山に登ろう。

 林道を登って行くと、登山口に登山コースを示す看板がある。登山道に入ると、やがて二手に分かれる。右に行く、黒滝経由のコースを辿る。しばらく沢沿いの登りとなる。

 小一時間登ると、左へ黒滝を示す標識がある。当然、見に行く。水量が少なくて、ちと残念なスダレ状滝だった。すぐに、引返す。黒滝の沢の左岸尾根に戻り、これを登ると、那岐山方面が望まれる。

 黙々と登れば、やがて縦走路に合流する。縦走路は、眺めの良い、稜線漫歩である。次第に、那岐山が近付く。黒滝から一時間で、那岐山頂に至る。少々雲があって、どこが大山なのか判らなかった。那岐山頂から、次のピークである三角点峰を望めば、手前に、避難小屋が見える。

 那岐山から三角点峰へと、稜線を辿る。三角点峰から向きを変え、尾根道を南下する。・1071付近から振り返れば、葉の落ちた木々の合間から、那岐山三角点峰が望まれる。大神岩を経て、どんどん下れば、やがて見覚えのある分岐に至り、間もなく林道に出る。

 車に戻り、カメラと三脚を持って、今度は蛇淵滝を見に行こう。蛇淵滝は、那岐山から流れ落ちる滝で、吉井川水系吉野川支流梶並川淀川に懸かる。駐車場からは、歩いてすぐである。手軽な割には、なかなか雰囲気の良い滝であった。

 蛇淵滝から雨滝へ、2時間ほどのドライブだ。途中、鳥取自動車道が無料で利用できた。雨滝が近付くと、その名の通り、小雨が降り出した。

 雨の中、滑り易い道に難儀しながら雨滝見物を続ける。折角なので、濡れた階段を登り、筥滝を見に行く。筥滝は、二段の美瀑で、上段へは、右岸の濡れて矢鱈滑る丸太階段を登る。少々リスクを冒しても、登ってみる価値はある。帰りに見た布引滝は、水量が少なくて、ちと残念であった。

GPS軌跡とアルバム

滝見亭中国の滝」に「蛇淵滝・黒滝」「雨滝・筥滝・布引滝」があります

表題をクリックすると各ブログへジャンプします
戻るときは、ブラウザの「戻る」で戻って来て下さいねm(_o_)m

その1:
那岐山のGPS軌跡
その2:
蛇淵滝駐車場
〜黒滝
蛇淵滝入口駐車場 登山口の看板 黒滝 黒滝 那岐山方面
その3:
縦走路〜那岐山
縦走路に合流 縦走路から那岐山 那岐山頂上 三角点峰
その4:
三角点峰〜駐車場
三角点から那岐山 ・1071付近にて
その5:
蛇淵滝
蛇淵滝 蛇淵滝
その6:
雨滝・筥滝・布引滝
雨滝 雨滝 筥滝 筥滝上段 布引滝

の表紙へ
本館トップページへ